やり直し。。。

先日のバントレイバスケットのハンドル付けが終わっていないのに 無性に編み編みしたくなったので 新しいものを編み始めました
でも。。。
編んでいてもなぜかしっくりこないんです
そんな不安を打ち消すように編み進めましたが 半分近くまで編んだところで 「やっぱり嫌!」 となり 迷ったのですが思い切ってほどいてしまいました
こちらがそのほどいたケーンです
b0107544_2031620.jpg

無残にうねうねになったケーンを見て ガックリ落ち込んでいます(涙)
でも 納得のいかないものを作っても仕方がないですものね
気を取り直して 最初から編み直したいと思います
このうねうねになったケーン もう一度お水に付けたらまた使って大丈夫ですよね?



にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ
にほんブログ村





☆HP 「Atelier Bear’s」 はこちらから☆
Commented by corotomo at 2014-10-05 22:25
fufubearさん、やり直しされるなんて勇気ありますよ~
モールドにステーブをさし終わるだけでも時間かかり、
やっと編み始めても、1段1段、時間かかるでしょ。
だから、「何かおかしいかも??」と思っても、
なかなか勇気が出なくて、そのまま進みがち・・・

私も、フタ付きを初めて編んだとき、フタを編むとき何かおかしくて、
ほどいたんですが、想像以上にウネウネしたケーンを見てガックリ・・
ぎゅっーと引っ張りながら編むので、
ウネウネとカタチがついてるんですよね~

水につけたら戻るけど、その時は新しいケーンを使いました。
確か、「フタだから、特に目立つので」ということだったと思います。

本体で、バスケットの下のほうになる部分ですよね?
水につけて、使われる方もいらっしゃいますよ。
またケーン買わないといけませんからねー

でも、編みなおしをしたり、休んだり、
自分なりのペースで編んだものこそ、
完成したときの満足感が強いと思いますよ。
一生大事にしたいバスケットですからね~
Commented by fufubear at 2014-10-06 17:48
corotomoさん☆ こんにちは♪
いえいえ 勇気があるわけではないんですよ
本当にとてもひどい状態になってしまったんです
なので このまま作っても絶対使わないだろうなぁと思ったので
思い切ってやり直しちゃいました

corotomoさんもほどかれたことがあるんですね
確かにフタの部分だと目立つかもしれませんね
私の場合は本体の下の方の部分だったので 水に付けて戻し
使いました
編んですぐだったこともあり 結構大丈夫でした(^^)
by fufubear | 2014-10-04 20:07 | 日常 | Comments(2)

シャドーボックスのこと タッセル作りのこと ナンタケットバスケットのこと パン作りのこと 愛犬の事などを紹介しています                                    


by よーこ