作品のお引越し

b0107544_18133903.jpg

先日こちらでご紹介させていただいた 某所に納品させていただいたお花の作品ですが 何とお引越しすることになりました
実は 作品を見られた方から購入したいとお声を掛けていただいたのですが 続いて同じ作品を作るのは気持ち的にしんどいですし もし今から作り始めたとしても インジャパンの作品作りもあるため 完成までに半年近く かかってしまうと思うので (もっとかかってしまうかも。。。)ちょっと難しいかなぁと思い お断りさせていただいたんです
でも どうしても。。。とのことだったため 今飾ってある作品をその方にお譲りさせていただき 先日納品させていただいた病院へは 改めて別の作品を作らせていただくことになったんです

あまりに急なことでビックリしてしまいましたが 作った作品を気に入って下さる方がいるということは幸せなことですよね
本当に感謝の気持ちでいっばいです

決まったら早い方がいいということで 早速今日作品が新しいお宅に向けてお引越ししたそうです
作品を気に入って下さった方のお宅に飾っていただけて 作品も喜んでいると思います(^^)

ということで 病院に飾らせていただく作品をまた作らせていただくことになりました
同じものを作るのが苦手なので 新しくプリント選びからとなります
また完成までにかなりお待たせすることになるかと思いますが どうぞよろしくお願いいたします

お写真は 今日頂いたランチです
最近では こんなふうに少しずついろんなお料理が頂ける和食が好きになってきました
これも年齢のせいでしょうか(^_^;)



☆HP 「Atelier Bear’s」 はこちらから☆

Commented by plumeria at 2016-11-03 18:55 x
よーこさん
こんばんは^^

わぁ~ 凄いですね^^
おめでとうございます^^
きっと、素敵な作品なのですね^^
丁寧に作られていて、作品の素晴らしさが
お分かりになる方なのですね^^

病院用をお作りになるのが大変でしょうが
頑張って下さい^^

私も、インジャパンの作品は、まったく手を付けて
ません^^

お料理、美味しそう^^
私は、和食の方が好きなので、和食が多いですよ(^_^.)♪
Commented by milk--love at 2016-11-03 20:03
よーこさん、こんばんは☆彡(#^.^#)
よーこさん、凄いですね。
おめでとうございます。
きっと、とっても素敵な作品だったんですよね~
病院に飾る作品作り、大変だと思いますが、
みなさん楽しみにしていらっしゃることと
思います。
頑張って下さいね(*^^)

和食が一番落ち着きますね(#^.^#)
Commented by nanako-729 at 2016-11-03 22:37
よーこさん、こんばんは!
わぁ~すごいですね!
きっと素晴らしい作品だったのでしょうね!
どうしてもほしいという方、他にもいらしたかも。
皆さんが感動されるような作品、また改めて
作るのは大変でしょうが頑張ってください!
ますます忙しくなりますね( *´艸`)
Commented by fufubear at 2016-11-04 19:06
plumeriaさん☆ こんばんは♪
ありがとうございます
あまりに突然のことにビックリしていますが お声を
掛けていただいたことは とても嬉しかったです(^^)

plumeriaさん まだインジャパンの作品を作り始めて
いらっしゃらないんですね
私もほんの少ししか手を付けていないので 同じような
ものだと思いますよ
お互いがんばりましょうね♥

いつもありがとうございます♪
Commented by fufubear at 2016-11-04 19:10
milk--loveさん☆ こんばんは♪
ありがとうございます
全然すごくないですよ
でも お声を掛けていただいたことは嬉しかったです(^^)

まぁ ミルクママさんも和食派なんですね
一緒だぁ~~
そうそう 和食は落ち着きますよね(^^)
Commented by fufubear at 2016-11-04 19:12
nanako-729さん☆ こんばんは♪
ありがとうございます
この辺りは田舎なので まだシャドーボックスというものが
珍しかったのかもしれません
何せ認知度が低いですから(^_^;)
でも お声を掛けていただいたことは嬉しかったです
はい また頑張って作品を作らせていただきたいと思っています(^^)
by fufubear | 2016-11-03 18:22 | シャドーボックス | Comments(6)

シャドーボックスのこと タッセル作りのこと ナンタケットバスケットのこと パン作りのこと 愛犬の事などを紹介しています                                    


by よーこ